2009/1/22

子ども達と工事

Filed under: センチュリープロジェクト — somu @ 16:32

センチュリープロジェクトの計画の中には工事を子ども達の成長に活かすことも考えられています。
こんな大がかりな工事が学園で行われる事はそうあるものではありません。
工事を通じて、建物が建っていく様子や働く職人さんの姿をみたり、可能なら何か参加したりと、子ども達の好奇心を刺激することで、より良い成長や自立に役立てられないかと考えています。

そのような想いから、工事現場の仮囲いに数箇所の透明な資材を使ってもらっています。
大きなショベルカーと、それを手足のように巧みに操る職人さんを、子ども達は目を輝かせながら見つめています。
これをきっかけに将来建築業を目指す子どもが出てくるかもしれません。

工事を見つめる子ども達

2009/1/21

工事進捗状況

Filed under: センチュリープロジェクト — somu @ 15:43

着工から2ヶ月ほどが経過しました。
年末年始に少し工事がお休みになりましたが、工事は急ピッチで進められています。
幸い天候にも恵まれており、ほぼ計画通りに進んでいるようです。1ヶ月も経つと状況は随分と様変わりしてしまいます。
北側の研修等は基礎がほぼできあがり、これから1階部分の工事に入ります。
南側の児童棟も基礎工事が始まり、土台となるコンクリートが敷かれました。
実は基礎工事の中で、地盤の少し弱いところが見つかったり、地中に障害物が見つかったりと予想外の事態もありました。
そういったことの対応にも追加予算を考えなければならなくなり、頭の痛いところではあります。それだけ大変な工事であり、事業であることを改めて実感しています。

1月13日 1月15日 1月21日その1(雨です) 1月21日その2(雨です)

2008/12/6

解体が終わりました

Filed under: センチュリープロジェクト — somu @ 17:48

レジデンス柿の木の解体が終わってしまいました。

まさかこんなに早く解体し終わってしまうとは夢にも思いませんでした。廃材の分別にはもう少しかかるようですが、階段だけになってしまった姿を見るとやはり寂しいものがあります。

img_7830

2008/12/5

解体が進んでいます

Filed under: センチュリープロジェクト — somu @ 17:46

ものすごい速さで解体が進んでいます。

この後コンクリートと鉄を分別する作業が時間がかかるようです。事務棟が建つ予定の北側の空き地は南側の解体と同時進行で基礎工事に入っており、大きな穴が掘られています。

img_7826 img_7818

2008/12/4

工事が本格的に始まりました

Filed under: センチュリープロジェクト — somu @ 17:21

バザーも終りいよいよ本格的に工事が始まりました。

まずは「レジデンス柿の木」の解体です。アッと言う間に建物が解体されていく様に少し悲しい気分にもなりましたが、この後に建つ建物のことを思うと期待の方が大きくなります。

工事の中でもこの解体作業が一番騒音が出るそうで、建物は防音のシートで覆われました。また解体されたものはその場で水をかけられ、埃なども出ないように対応されていました。子ども達が生活しているところでの工事ですので様々な所で配慮してもらっています。

img_7712 p1000475

2008/11/11

地鎮祭

Filed under: センチュリープロジェクト — somu @ 15:09

本日11日火曜日10時半より地鎮祭が行われました。

立川諏訪神社より神主様に来ていただき、学園、竹中工務店(設計)、ナカノフドー建設(施行)関係者が約50名が参列し、学園関係者では、町会長さんや法人の理事さんをはじめ、職員、幼児さんも参加しましました。

地鎮祭は滞り無く終えることができました。

地鎮祭1 地鎮祭2 地鎮祭3 地鎮祭4

2008/11/5

建築工事始まる

Filed under: センチュリープロジェクト — somu @ 15:30

(仮称)第二至誠学園の建築工事がいよいよ始まります!

本日11月5日無事に工事の施工契約を結ぶことができました。

施行業者は10月24日に行われました指名競争入札により、10社の中から 株式会社ナカノフドー建設 に決まりました。

今後は設計者 竹中工務店 と 学園 の三者で協議しながら工事を進めていくことになります。

11日は地鎮祭が行われ、着工になる予定です。

« 前ページへ

Copyright © ShiseiGakuen 至誠学園 All Rights Reserved